~毎日のご飯日記~

honeymint.exblog.jp
ブログトップ
2008年 01月 09日

ぶりの黒酢風味焼


d0052749_1440996.jpg

















レシピ 
ぶり4~5切分

黒酢   大さじ4(60cc)
醤油   大さじ2強(35cc)
みりん  大さじ2(30cc)

以上をお鍋に入れて沸騰後中火で1分半、半分の量になるまで煮詰めて冷ます。

そこに、

レモン汁  大さじ1
砂糖    大さじ1強

を混ぜたものが、漬け込むタレです。
d0052749_1447188.jpg

ビニール袋に入れて、このタレに1時間以上漬け込みます。
私は前日にやってしまって、半日ほったらかしでした。(^^)





それからグリルでこんがり焼いて出来上がり!

ところで、「どうして煮詰めるなんて、めんどくさい事するのかしら?」と
感じる方が多いと思います。
私は普通の照り焼きも、最初にタレを煮詰めて漬け込んでいます。

そうすると、刷毛で何度も何度も塗りながら、グリルに付きっきりで焼くという、
手間が省けるからよ。
焦がさないように気をつけて、一度裏表を返すだけで、こんな風に重ね塗りしたような
照りが出ます。
みりん等の糖分が煮詰まることで、美味しそうな照りが出るものなので、
漬け汁を濃くすればよいというものでもないのよね。
鰻屋さんの蒲焼作りを思い浮かべてね。(^^)

もともと酸味のおだやかな真黒酢ですが、煮詰めることで酸味がさらにおだやかになり、
タレにコクが出ます。とても美味しい照り焼きになりました。


d0052749_14574956.jpg
[PR]

by honeymint-tree | 2008-01-09 14:58 | 横井醸造 真黒酢 cooking


<< 厚揚げの和風カレーあん おひた...      エスニックなドライカレー >>