2008年 03月 18日

くるくるカレー味 (酢豚) 


d0052749_21341654.jpg

なんともステキなこの名前を付けてくれたのは、一緒に作ったマユ。


これはね~、君達がもっともっと小さい頃によく作っていたのよ。
酢豚のお肉がまだ噛み切れなかった頃にね。

そして今、君は前歯がないっ。(笑)
母の愛、再び。






d0052749_21354092.jpg


薄切りの豚肉の片面に 塩こしょう、カレー粉、生姜汁を振って、



d0052749_21402928.jpg


くるくるっと丸めて、最後にカレー粉。そして薄く全面に片栗粉。




お肉をコロコロと、全面こんがりまんべんなく焼いたなら、
一度フライパンの余計な油をふき取りきれいにして、
合わせ甘酢をじゅわ~っと入れて、(黒酢40 醤油20 酒20 砂糖大4 ガラスープ1カップ)
水溶き片栗粉でとろみをつけて、お肉を戻して絡めて、ハイ、出来上がり。
お肉がすごく柔らかいので、小さなお子さんのいらっしゃるお家にグーです!
オトナのご家庭には、普通の角切りのお肉でどうぞ。
d0052749_21472693.jpg

黒酢じゃなくてもOKよ~。
その場合はお酢の量を少々控えめにね。
酸味には好みがあるので、合わせ酢を配合したら味見をして、 どうぞお好みの味に調整してね。(ほとんど煮詰めないから、この時の味が完成時のあんの味よ)




d0052749_2147433.jpgそして、
春の名残の、またまたさつまいも。(^^)
(みんな焼き芋好きだといったらね、父が箱で送ってくれたのでした~)

拍子切りにして茹でたお芋。
プリンのキャラメルソース作るみたいにお砂糖をフライパンで焦がしたら、
味醂とお塩、お醤油少々でゆるめて、お芋を合流。
胡麻と絡めて出来上がり。
大学芋みたいに揚げていないので、あっさりテイストです。
[PR]

by honeymint-tree | 2008-03-18 22:01


<< サンマのみりん干しの和定食      ローマで すき煮 >>